事業活動から生じる有害な物質を含む廃棄物や排ガス、排水等による環境汚染は、人や生態系へ影響を与えます。汚染は、製品の使用や不要になった製品の廃棄によっても生じることがあります。日本では、1900年代後半から、産業化と経済成長に伴い排出される廃棄物や有害物質により、大気や水、土壌・地下水等が汚染され、人の健康を損なうさまざまな公害が発生しました。公害の発生を予防することは、国民の健康や生活環境を守る上で、引き続き重要な課題と認識しています。ひとたび環境汚染が発生すると、現状の回復までには多大な時間と費用が必要であり、会社としてのレピュテーションも低下します。
シオノギはコンプライアンスの順守を「企業の基盤」として位置づけています。EHS関連法規制順守をEHSポリシーの一項目として制定し、EHSマネジメントシステムの中で大気汚染、水質汚濁、土壌汚染などの法令順守とその順守評価に取り組むとともに汚染の防止に取り組んでいます。なおシオノギでは従来から排水処理場の設置、定期的なモニタリングにより管理しリスクの低減に努めています。

大気汚染、水質汚濁、土壌汚染の防止

大気汚染防止のため、NOx、SOx、煤塵の規制値を順守するとともに、ボイラーの燃料転換により、SOxの発生を削減しています。また、下水や河川の汚染防止のため、規制値より厳しい自主管理値を設け、TOC計や油分監視装置などを設置して常時監視し、河川放流する油日研究センターならびにシオノギファーマ株式会社の金ケ崎工場、徳島工場では、構内に排水処理施設を設け浄化後に排水しています。
化学物質の取扱量が多い金ケ崎工場では、土壌の自主管理値を設定し、定期的に測定を行っており、測定結果は全て環境基準値を下回っています。
大気汚染物質(SOx、NOx)排出量(単位:トン)[2014年度]NOx(窒素酸化物):43、SOx(硫黄酸化物):6[2015年度]NOx(窒素酸化物):28、SOx(硫黄酸化物):1[2016年度]NOx(窒素酸化物):26、SOx(硫黄酸化物):0[2017年度]NOx(窒素酸化物):18、SOx(硫黄酸化物):0[2018年度]NOx(窒素酸化物):17、SOx(硫黄酸化物):0
排水負荷(BOD、COD)(単位:トン)[2014年度]BOD(生物化学的酸素要求量):8.0、COD(化学的酸素要求量):3.7[2015年度]BOD(生物化学的酸素要求量):8.4、COD(化学的酸素要求量):3.8[2016年度]BOD(生物化学的酸素要求量):7.2、COD(化学的酸素要求量):1.8[2017年度]BOD(生物化学的酸素要求量):4.8、COD(化学的酸素要求量):2.0[2018年度]BOD(生物化学的酸素要求量):4.5、COD(化学的酸素要求量):2.3

関連法規制の順守

環境に関する規制は、廃棄物管理をはじめ、エネルギー管理、大気汚染や水質汚濁の防止、化学物質の管理など多岐に渡ります。各事業所で法改正の情報共有を行い、教育やマニュアル化等により法規制を順守するとともに、定期的に法規制の順守評価を実施しています。また、安全衛生についても環境関連規制と同様に法規制の順守評価を行うように進めています。なお、環境・安全衛生に関連する訴訟や罰金は過去発生していません。
2018年度は、医薬研究センターでRI(ラジオアイソトープ、放射性同位元素)を含んだ排水管からの漏洩が1件ありました。原因は配管の腐食によるもので、建物内での配管スペース内での少量の漏洩にとどまり、測定した排水中のRIの線量は極めて低く、放射線障害の恐れはありません。直ちに原子力規制委員会へ報告し、適切に対応し、社外への漏洩はなく、人的被害もありませんでした。
CMCイノベーションセンターでは既存棟解体工事による騒音および砂埃飛散の苦情が1件あり、対応として重機の丁重作業および囲い増設と散水を徹底しました。

排出基準値(法規制値)超過件数の推移(件)

年度 2014 2015 2016 2017 2018
シオノギ 0 0 0 1 0
グループ会社 0 0 0 0 0

環境苦情件数の推移(件)

年度 2014 2015 2016 2017 2018
シオノギ 1 1 1 2 1
グループ会社 0 0 0 0 0