EHS推進体制

シオノギグループでは、統括EHS責任者としてEHS担当役員である上席執行役員を任命しています。統括EHS責任者を委員長とし、シオノギの各事業所の代表者やグループ会社の社長であるEHS責任者で構成される「シオノギグループ中央EHS委員会」を設置し、目標の実績評価や課題の抽出、リスク評価などのレビューを行い、EHS活動を推進しています。シオノギグループ全体のEHSへの取り組みは、経営会議を通じて取締役会へ報告する体制を構築しています。
また、省エネ、地球温暖化対策については、中央EHS委員会の下、統括EHS責任者を委員長とする「省エネ委員会」を設置し、中長期目標の設定および進捗管理、法規制の順守評価などを行っています。
EHS管理組織図

マネジメントシステム

シオノギグループでは、ISO14001に準じて社内で定めたマネジメントシステムを運用しています。
EHS活動全般について、リスク管理も含めて年1回中央EHS委員会にてレビューを行い、有効性、適切性を確認しています。重要な案件については経営会議を通じて取締役会に報告されます。

監査

シオノギでは、次の監査を実施しています。
監査の名称 説明
外部審査 ISO14001およびOHSAS18001のマネジメントシステムが適正に運用されているかを外部の認証機関が審査するもの
内部監査 ISO14001、OHSAS18001で定められた社内における自己点検で、システムの適合性や順守状況を確認するもの
EHS 監査

シオノギグループのEHSを統括しているEHS推進室が経営層の指示に基づき実施する監査

シオノギの事業所およびグループ会社におけるEHS活動がマネジメントシステムに基づき適正に実施・維持され、また継続的改善が行われていることを確認するため、内部監査とは別に実施

サプライヤーへのEHS 監査

原料や中間体の委託先への監査

PSCIのPrinciplesに基づき、EHS推進室メンバーが監査を実施

教育

従業員一人ひとりが自身の業務におけるEHS活動の課題を認識し、積極的に取り組むことが重要です。従業員を対象とした環境教育や廃棄物管理、化学物質の取り扱いなど環境負荷の大きい業務に対する事前教育を行うとともに、事業所毎にCO2排出量や廃棄物発生量などの目標や実績を周知し、積極的な取り組みを推進しています。安全衛生についても各事業所でリスクに応じた教育を進めています。

バリューチェーンマネジメント

EHSは原料の調達から研究、開発、製造、販売、使用、廃棄までの一連の企業活動と密接に関わっています。
EHSバリューチェーンマップ