ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)との取り組み

小学生の子ども向けに手洗い教室を実施し、感染予防対策に貢献

国際NGOのワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)とシオノギ製薬のコラボレーションにより、小学生の子ども向けに手洗い教室を実施し、感染予防対策に貢献しています。途上国支援の経験が豊富なWVJと感染症に強みを持つシオノギが連携することで、子どもたちに感染症対策や途上国の課題を自分事ととらえてSDGsを意識してもらう機会になればと考えています。

国際理解スクール「感染症予防について学ぼう!」をオンライン開催しました。

シオノギからは、CSR推進部の社員が講師として参加しました。

「手洗いの重要性」をオンラインでも、子ども達に伝わるように、動画や質問を準備し工夫してレクチャーを実施しました。

  • 2020年10月24日(土) オンライン国際理解スクール 参加数:38組 (小学生の子どもたちと保護者)  

「手洗いの大切さ」をテーマにサマースクール を開催しました。

シオノギからは、CSR推進部の社員が講師として参加しました。

 

・「手洗いの大切さ」を子どもたちにレクチャーし、実際に体験してもらいました。

・「感染症から子どもたちを守るために」を保護者の方々にレクチャーを実施しました。

  • 2019年8月4日(日) 第4回サマースクール 参加数:19組42名 (小学1~3年の子どもたちと保護者)