3ヵ年の活動

  第1年次 第2年次 第3年次
  2020年4月~2021年3月 2021年4月~2022年3月 2022年4月~2023年3月
主な活動 保健人材・システムの基盤整備 コミュニティ活動の強化・拡充 持続的な地域保健システムの確立
  • ベースライン調査
  • 保健施設の整備(産科棟)
  • 医療従事者の基礎技術研修
  • コミュニティ保健人材への研修
  • アドボカシー・グループの立ち上げ、研修
  • 保健施設の整備(産科棟・臨床検査室等)
  • 水供給施設の整備
  • 保健・栄養リフレッシュ研修
  • コミュニティの保健・栄養活動のモニタリング・指導強化
  • コミュニティの保健・栄養活動のモニタリング・指導体制の強化
  • 活動成果と課題の確認
  • 政府関係者との連携強化

第1年次事業活動の進捗

母子保健サービスの
アクセス向上
コミュニティの
栄養・水衛生行動改善の仕組み整備
保健システム
マネジメントの強化
母子保健サービスの
アクセス向上

保健サービスが
届きにくい

自宅から5km以内に
保健施設がない人
60%越え

巡回診療利用者※1

(予防接種、栄養状態のモニタリング、駆虫剤・ビタミンA供与)

2,133人

産科棟完備

2診療所

保健施設でサービスを受けた患者数※2

(産前検診、専門技能者の介助による出産・保健施設での分娩、予防接種、ビタミンA供与など)

15,394人

母子保健サービスの
アクセス向上

医療従事者の不足
技能の不足

1診療所に
看護師
1,2名のみ

医療従事者・村落保健員・MTMへの研修

母子保健
栄養・衛生
マラリア
家族計画

Mother to Mother (MTM)グループ結成

3地域で33グループ
計414名

コミュニティの
栄養・水衛生行動改善の仕組み整備

安全で清潔な
水へのアクセスが制限

改善された衛生施設
(トイレ)の使用率
5%

水供給施設
(2年次以降実施)

衛生施設建設の研修

11村

学校での衛生指導

74校(4,773名)

学校の保健クラブ設立

4つの小学校

コミュニティの
栄養・水衛生行動改善の仕組み整備

地域住民の知識不足、
干ばつによる水不足、
農業困難

深刻な栄養不良
貧困率
46.4%

MTMグループへ
農業支援教育

414人

5歳未満児栄養状態
スクリーニング

460人

保健システム
マネジメントの強化

地方政府の
コミットメント不足
(医療予算・連携)

地方政府
医療予算
26%

地域住民による保健サービス課題への参画グループを立ち上げ

3地域

地方政府・パートナーとの定期会合

2回

  1. ※1
    2020年9月~2021年3月
  2. ※2
    2020年4月~2021年3月
  • 第1年次完了報告書(2021年6月30日)を基に作成

活動内容

母子保健サービスへのアクセス向上

保健施設の整備(産科棟) 

ミドイナ診療所,2020年11月
ミドイナ診療所,2020年11月
ミドイナ診療所,2021年3月完成
ミドイナ診療所,2021年3月完成
ジャリブニ診療所,2020年11月
ジャリブニ診療所,2020年11月
ジャリブニ診療所,2021年3月完成
ジャリブニ診療所,2021年3月完成

医療従事者の基礎技術研修

医療従事者に対する緊急産科ケアの研修の様子
医療従事者に対する緊急産科ケアの研修の様子
バンバ準県の保健省職員による栄養プログラムのデータ管理状況の確認の様子
バンバ準県の保健省職員による栄養プログラムのデータ管理状況の確認の様子

コミュニティ保健人材への研修

村落保健員
 
村落保健員の月次会議の様子
村落保健員の月次会議の様子

 

 

  • コミュニティや家庭内での適切な育児、母子保健 サービスの提供に関する研修実施
  • 世帯登録に関する研修実施
  • マラリアに関する研修実施
  • 貯蓄グループ形成の研修実施
Mother to Mother グループ
 
Mother to Mother(MTM) グループ会議の様子
Mother to Mother(MTM) グループ会議の様子

 

 

  • 3カ所でMTMグループを結成(33グループ、計414名)
  • 毎週1回グループ間の情報共有実施(母子保健、栄養、食料確保、水衛生活動など)

栄養・水衛生行動改善の仕組み整備

コミュニティでの栄養改善のための取り組みを強化

県職員、保健関係スタッフに栄養改善研修を実施。受講者を中心に Community Mother Support Group(CMSG)を結成。村落保健員。Mother to Mother グループ。コミュニティリーダー。MTMグループリーダー(60名)に対してコミュニティ栄養改善研修実施。MTMグループの母親全員に、研修を受けたメンバーが中心となり研修内容(母子保健や栄養、食料確保、水衛生活動)を共有。
母親たちへの調理実習を通じた栄養改善の取り組みの様子 毎月1回実施
母親たちへの調理実習を通じた栄養改善の取り組みの様子 毎月1回実施

コミュニティと学校において適切な衛生知識と行動の浸透

学校での衛生指導の様子
学校での衛生指導の様子
 
  • 学校の保健クラブ設立
  • 支援対象地域の学校74校の児童(4,773名)に対し、石鹸を用いた手洗い、トイレの使い方、ごみ捨ての方法、水の浄化剤の使い方等を指導
コミュニティに対して衛生施設(トイレ)建設を促すトリガリング研修の様子
コミュニティに対して衛生施設(トイレ)建設を促すトリガリング研修の様子

保健システムの強化

アドボカシーグループへの研修の様子
アドボカシーグループへの研修の様子
 
  • ローカルアドボカシー・グループの立ち上げ(3地域)
  • 地方政府に対して公共サービスやコミュニティ内の課題の解決を訴える活動
  • コミュニティと会議実施(保健サービスの提供状況、課題洗い出し)
  • 政府・パートナーとの定期会合の実施
  • 事業運営委員会の立ち上げ
  • ベースライン調査の実施

保健サービスの利用状況

各診療所の延べサービス提供者数2020年4月から2021年3月
各診療所の延べサービス提供者数2020年4月から2021年3月
2021年2月に訪問者数が減少し、その後急増している部分については、2月に保健施設職員によるストライキがおこり、診療所が閉鎖していた期間があったため一時的に減少し、その後診療所が再開したことにより訪問者数が リバウンドして増加したものと考えられます。

事業地関係者・受益者の声

エスター・ンジラニ氏(ガンゼ準県保健局の保健担当職員)

 

私は2018年10月から、ガンゼ準県の保健局職員として地域のすべての保健施設の調整業務を担当しています。Mother to Mother プロジェクトを通じて、この地域の保健施設職員は多くの研修の機会が 提供され 、それによって特に母子保健に関するサービスの能力が向上しています。また村落保健員やコミュニティの人々も 同様に、プロジェクトを通じた様々な取り組み(例えば 栄養改善を通じてよい影響を受けており、今後保健施設へのアクセスが増加すると見込んでいます。

また 、私自身も、プロジェクトを通じて関係者と定期協議を開くことができるようになり、保健施設のサービス提供状況をレビューすることが可能となりました。ミドイナとジャリブニの産科棟建設により、今後母子保健サービスへのアクセスは増加する見込みです。また 巡回診療は栄養不良の子どもたちの特定とフォローアップを容易にしました。ガンゼ準県を代表して、2年目のすべての活動の実施も喜んで支援いたします。この事業はこの地域の人々の生活を大きく変えるものになると信じています。プロジェクトによるすべての活動にとても感謝しています。

人物写真

イブラヒム・ジュマ・キスタオ氏(リマラペラ地区のアドボカシーグループの代表)

 

私は妻と7人の子どもとリマラペラ地区に住んでいます。私の妻は Mother to Mother プロジェクトで実施しているMother to Mother サポートグループに参加しています。数か月前に彼女がグループに参加し始めて以来、私が確認しなくても、彼女は 一番小さい子(生後18カ月)の子どもに予防接種を受けさせるようになりました。他の母親たち14人が参加しているMother to Mother サポートグループで子どもの栄養や成長、予防接種の重要性について学んだと話しています。家族計画についても正確な情報を得ており、「家族計画は子どもを持てなくすることだ」という誤った噂を信じなくなりました。また、私の妻はグループを通じて養鶏の研修を受け、10羽の鶏の提供を受けました。私自身は2021年1月に、コミュニティ内でアドボカシー活動を行うグループが形成されると聞いて、そのグループのリーダーになりました。コミュニティ内で母子保健サービスの重要性と診療所の利用の意識を高めることが私の役割です。コミュニティからの意見を保健施設に伝え、それが反映される形で診療所での待ち時間を減少する取り組みが行われました。今後も診療所に対する課題を解決するために、地方政府に対してコミュニティの意見を伝え、予算を獲得していくことに取り組んでいきます。

人物写真

活動サマリー