主な活動(3ヵ年計画)

 

  第1年次 第2年次 第3年次
  2020年4月~2021年3月 2021年4月~2022年3月 2022年4月~2023年3月
主な活動 保健人材・システムの基盤整備 コミュニティ活動の強化・拡充 持続的な地域保健システムの確立
  • ベースライン調査
  • 保健施設の整備(産科棟)
  • 医療従事者の基礎技術研修
  • コミュニティ保健人材への研修
  • アドボカシー・グループの立ち上げ、研修
  • 保健施設の整備(産科棟・臨床検査室等)
  • 水供給施設の整備
  • 保健・栄養リフレッシュ研修
  • コミュニティの保健・栄養活動のモニタリング・指導強化
  • コミュニティの保健・栄養活動のモニタリング・指導体制の強化
  • 活動成果と課題の確認
  • 政府関係者との連携強化

1. 妊産婦・授乳婦・5歳未満児の母子 保健サービスへのアクセス向上

産科棟整備 (ミドイナ診療所,2020年11月)
産科棟整備 (ミドイナ診療所,2020年11月)
産科棟整備 (ジャリブニ診療所,2020年11月)
産科棟整備 (ジャリブニ診療所,2020年11月)
巡回診療の様子(ミドイナ診療所,2020年9月)
巡回診療の様子(ミドイナ診療所,2020年9月)
世帯訪問中に子どもにビタミンA剤を投与する村落保健員
世帯訪問中に子どもにビタミンA剤を投与する村落保健員
事業地の診療所の医療従事者(準医師・看護師)対象 知識・技術研修(2020年9月)
事業地の診療所の医療従事者(準医師・看護師)対象 知識・技術研修(2020年9月)
村落保健員の月次会議(ジャリブニ診療所,2020年9月)
村落保健員の月次会議(ジャリブニ診療所,2020年9月)

ミドイナ地域でMother to Motherグループを結成

14グループ・126名

ピア・エデュケーション活動として、同じ悩みや考えを持った母親同士で正しい情報を伝えていくことで、保健施設の保健・栄養サービスの活用を促進

Mother to Mother グループ 農業支援説明会の様子
Mother to Mother グループ 農業支援説明会の様子

2. コミュニティの栄養・水衛生行動改善の仕組み整備

医療従事者による住民への栄養改善活動 (ミドイナ診療所,2020年9月)
医療従事者による住民への栄養改善活動 (ミドイナ診療所,2020年9月)
Mother to Motherグループ 栄養に関する知識強化研修の様子
Mother to Motherグループ 栄養に関する知識強化研修の様子
COVID-19感染予防備品・設備の配布 ・水タンク・三脚付き手洗い設備 ・液体せっけん・消毒液 ・マスク
COVID-19感染予防備品・設備の配布 ・水タンク・三脚付き手洗い設備 ・液体せっけん・消毒液 ・マスク

3. 保健システムマネジメントの強化

県・準県の保健省に対して、本事業の紹介、定期的な活動報告を実施。

保健省との間では事業進捗を定期的に報告・評価する事業運営委員会が立ち上げられた

世帯登録支援 (リマ・ラ・ペラ診療所,2020年8月)
世帯登録支援 (リマ・ラ・ペラ診療所,2020年8月)

1年次テーマ『保健人材・システムの基盤整備』を目指した活動を開始

COVID-19の影響により、必要に応じた支援活動を実施

活動報告

活動サマリー