2017年入社(新卒)

SDSに入社した理由を教えてください

文系の学部卒でしたが、学生の頃からパソコン好きでITに関わる仕事に就きたいと考えていました。
就職活動を通して数々のIT企業を見る中で、SDSの社員の方々の誠実さとアットホームな会社の雰囲気に惹かれたことが入社の決め手となりました。


今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください

次期ネットワークの全体設計プロジェクトをはじめとする、シオノギグループの全社ITインフラ領域における各種課題対応や、海外グループ会社との調整が主な業務です。


入社の前と後で、イメージのギャップはありましたか

セキュリティ対策やコンプライアンス遵守への意識が予想以上に高かったです。
社長自らコンプライアンス研修を実施する、部長自らセキュリティのホットトピックをシェアする等、会社全体として推進していこうという雰囲気があります。

 

仕事を通じ、成長を実感したエピソードを教えてください

昨年一年間、SDSが戦略的パートナーシップを結ぶ大手コンサルタント企業への出向(武者修行)の機会をいただきました。
シオノギと全く異なる文化と仕事の進め方で戸惑いも多かったですが、複数のパブリッククラウドに実際に触れ、尊敬できるチームメンバーとともに新規サービス導入からトラブルシューティングまで幅広く関わらせていただいたことで、インフラやプロジェクトマネジメントに関する知見を深めることできました。


SDSに入社してよかったと思うことは何ですか

自分が関心を持つ分野について都度確認し、業務のアサインの際に考慮いただけたり、社外研修を勧めていただけたりする点です。
また、早くから多くの業務を任せつつも、挑戦が許されるのでやりがいも感じられます。


今、チャレンジしていることは何ですか

新しい領域やグローバルに対応するインフラ基盤を整備できる、一人前のインフラエンジニアとして頼られる存在になるべく、苦手な分野のスキルアップに取り組んでいます。
今後はクラウド関連の資格取得にチャンレジしたいと考えています。


最後にメッセージをお願いします

SDSは多種多様なバックグラウンドを持つメンバーが集まり、安心して業務に取り組める環境が整っています。
皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

2017年入社(新卒)

2019年入社(新卒)

SDSに入社した理由を教えてください

学生時代、私は心身ともに健康な社会の実現に貢献できる企業で活躍したいということを軸に就職活動を進めておりました。
シオノギグループは「常に人々の健康を守るために必要なもっともよい薬を提供する」ことを第一に考え医療に貢献しており、IT分野から人々の生活を支えたいと思ったため入社致しました。


今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください

まだ入社して間もないのですが、基本研修を受ける傍ら、様々な業務に関わらせていただいております。
いまは生産領域における業務プロセス改革プロジェクトに参画させていただき、業務の理解を含め取り組ませていただいております。


入社の前と後で、イメージのギャップはありましたか

学生時代、社会人は常に仕事に追われているイメージが強く、うまくやっていけるのか不安でした。
しかしその不安は良い意味で裏切られました。
限られた時間でいかに効率的に成果を上げるために“今”何をしなければならないのか…など目的に沿ったスケジュール・タスク管理がはっきりしており、とても働きやすく思いました。


仕事を通じ、成長を実感したエピソードを教えてください

入社してすぐに、ある案件の進捗管理を担当しました。
知識も経験もなく苦戦しておりましたが、先輩方の手厚いサポートのおかげで、無事案件を完了できました。
達成感があった一方で、論理的な思考や社内調整の進め方など、学ぶことも多く自身の今後の課題も再認識でき、貴重な経験を積むことができました。


SDSに入社してよかったと思うことは何ですか

穏やかで気さくな方が多く、とても親しみを持って接していただけるのでなじみやすい環境であると思います。
また個別面談の機会が多く、上司の方との距離も近いのが魅力の一つだと思います。 早い段階からこまめにフィードバックをいただけるので、集中して業務に取り組めます。


今、チャレンジしていることは何ですか

大学の専攻とは違う業界であった為、慣れないことが多く知識・経験不足を痛感しております。
学生の時よりも自主的に学習する意識を持つようになり、少しは社会人らしく振舞えるようになったのではないかと思います。


最後にメッセージをお願いします

日々実感することは自分自身が課題意識を持って取り組むことが、確実に自身の成長につながるということです。
また先輩方はみな優しく丁寧に、時には厳しく指導していただけるため、やりがいのある、充実した日々を送っております

2019年入社(新卒)

2018年入社(キャリア)

SDSに入社した理由を教えてください

以前はシステムインテグレータの会社でシステムエンジニアとして働いていましたが、よりユーザと近い立場で仕事がしたいという思いと、社会的貢献度の高い企業のシステムを司る仕事がしたいと思い入社しました。


今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください

ファイルサーバのクラウド移行とそれに合わせた情報管理方法の全面見直しのプロジェクトに参画しています。
新システムの運用と環境整備、そして移行プロジェクトを担当しており、シオノギグループのユーザに安全でかつ利便性の高い利用環境を提供するためメンバーと一緒に取り組んでいます。


入社の前と後で、イメージのギャップはありましたか

製薬企業のIT部門と聞くと堅い印象がありましたが、チームメンバーは明るく気さくな人も多く活発にコミュニケーションを取りながら仕事を進めることができています。
週に一度自由参加型の勉強会があり、業界のことや技術を学ぶ機会があります。
その勉強会の運営を入社直後から任せてもらっていますが、グループの垣根を越えてお互いに高めあう雰囲気に刺激をもらっています。


仕事を通じ、成長を実感したエピソードを教えてください

シオノギ全社の重要プロジェクト管理を任され自分の仕事の幅が広がりました。
初めての経験であり、ユーザとの調整、ベンダーのコントロール等、幅広くこなさなければいけないため効率よく進めることが難しかったですが、上司にサポートを受けつつ進めることができました。
この経験から、プロジェクト全体の状況を把握しながら仕事をすることの大変さ、自分のタスクが後続の作業にどのような影響を与えるのか常に考えながら仕事をするようになりました。


SDSに入社してよかったと思うことは何ですか

気さくな明るい雰囲気の会社なので、日々活発にコミュニケーションを取りながら仕事ができていることです。
また、週に1回上司と面談の時間があります。
プロジェクトの相談や将来のキャリアについて悩む前に相談できる場が設けられているため安心して働けます。


今、チャレンジしていることは何ですか

ITについてのスキルアップはもちろんですが、海外グループのユーザともやり取りすることがあるため、語学やGDPRなどの海外事情についても日々勉強しています。
製薬業界についてもより知見を増やし社会とともにグローバルに成長するシオノギグループのITをしっかり支えられる存在になれるように努力していきたいです。


最後にメッセージをお願いします

ITの仕事ができる会社は世の中にたくさんありますが、SDSではシオノギグループの一員として「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」ことにITの側面から携われます。
仕事を通じて自身も成長し続けたい方、一緒にシオノギグループをITで支える仕事をしてみませんか。
一緒に働ける日を楽しみにしております!

2018年入社(キャリア)

2018年入社(キャリア)

SDSに入社した理由を教えてください

「常に人々の健康を守るために必要な最も良い薬を提供する」創薬型製薬企業であるシオノギグループで、自分のIT分野でのキャリアを活かすことができる、またそのことで世界中の人々の健康と快適な生活に貢献できるということが、とても魅力に感じたからです。


今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください

シオノギグループのグローバルプロジェクトに携わっています。
役割としてはシステム周りに限らず、全体設計から各本部やパートナー企業との調整等、プロジェクト全般に係わらせていただいています。
入社して直ぐに、自分のスキルや経験を活かせるプロジェクトに参画できたので、非常にやりがいを感じています。

 

入社の前と後で、イメージのギャップはありましたか

よい意味でギャップがありました。
今までのキャリアで製薬業界に関わるのは初めてだったので、堅いイメージを持っていましたが、社内の雰囲気は明るく風通しもよいので、働きやすいです。
一方で、社会人・企業人としての倫理的な行動を、非常に高いレベルで求められるので、様々な面で成長できる職場だと思います。


仕事を通じ、成長を実感したエピソードを教えてください

入社して直ぐに自分のキャリアを活かせる全社プロジェクトに 参画したことで、塩野義製薬本社の各本部や、グループ会社と関わることができ、会社の全体像を早い段階で知ることができました。
また塩野義製薬本社の経営会議で直接提案するような経験もできたことは、今後様々なプロジェクトに係わる上で、目線を上げて俯瞰的に物事を考えられるようになったと感じています。


SDSに入社してよかったと思うことは何ですか

研修体制に力を入れている点が、非常によかったです。
様々な研修やセミナーへの参加を通じて勉強することを推奨してくれる環境があります。
目の前の業務に直結するものだけではなく、自分が描く今後のキャリアプランに対して勉強することに会社として背中を押してくれることは、自慢できると思っています。


今、チャレンジしていることは何ですか

プロジェクトマネジメントの知識と技術の強化にチャレンジしています。
SDSでは、多くのプロジェクトが走っていて、1人で複数のプロジェクトを担当することも良くあります。
そのような環境下で、個々のプロジェクトマネジメントの支援を行えるようになりたいと思っています。


最後にメッセージをお願いします

自分一人の力では、画期的な新薬を開発することや、医療分野における社会課題の解決をすることは、難しいと思います。
SDSは、皆さんのIT分野における今までのキャリアを活かして、新薬開発や現場での課題解決の一端を担うことで、社会貢献に繋がる非常にやりがいのある職場だと思います。

2018年入社(キャリア)

2016年入社(キャリア)

SDSに入社した理由を教えてください

医薬情報担当者(MR)活動の一助となる営業支援システムのサポートを経験してきた実績・ノウハウを面接や職場見学で社員の方々と話をする機会がありました。
製薬業界においてその経験を活かし、共に成長したいという気持ちが湧いたことが、SDSに入社した理由です。


今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください

私は、現在SCM業務をIT側面から薬の安定的供給を実現できるようサポートしています。
ITサービスを通じて如何に業務変革を促進させることができるかが自分自身の使命であり、薬(モノ)の流れが見えやすい業務領域のため、社会貢献が実感しやすい業務です。


入社の前と後で、イメージのギャップはありましたか

製薬企業における業務変革のスピード感にギャップがありました。
そのスピード感に追いつくために、日常からユーザの声に耳を傾けることを心掛けています。


仕事を通じ、成長を実感したエピソードを教えてください

どのような案件に対しても常に「WHY」の意識を持ち、根拠や目的のみだけでなく、ビジネスにおける全体最適による効果を確認するようになったことです。
そのようなアプローチからビジネス側から信頼していただけるようになり、社内においては、重要な役割を任されるようになりました。


SDSに入社してよかったと思うことは何ですか

コーポレートITとして創薬企業のシステム基盤を支え、ITの側面からでもビジネスに大きく関わっていることを感じることができます。
逆に捉えればそれだけITへの品質や要求も高いものであり、やりがいと同時に責任感を常に感じながら会社と共に自分自身の成長を実感できるところがよかったと思います。


今、チャレンジしていることは何ですか

今、チャレンジしていることは、ユーザ業務の改善提案です。
まずは、ヒアリングによって現状の業務プロセスを可視化し、そこから問題点を洗い出すことで、解決へ導こうとしております。


最後にメッセージをお願いします

SDSには、一人ひとりの考えや意見を尊重する風土があります。
熱意をもって企画・提案すれば、必ずプロジェクトとして実行させてくれる会社です。
自身のスキルアップを目指しながら、社会や会社とともに成長したい方は、SDSに入社いただきたいと考えています。

2016年入社(キャリア)

2019年入社(キャリア)

SDSに入社した理由を教えてください

特定の業種に対する専門性を高め、そのうえでステークホルダーに対して企画、設計、構築、導入、運用保守を含めたITサービスを提供したいと考えたためです。
前職は独立系SIerのプレイングマネージャーとして製造業、通信業のステークホルダーの課題を解決していましたが、前述するその機会は少なかったです。


今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください

「情報管理適正化」として、特に電子ファイルの取り扱い・権限管理について全面的に見直し、環境・ルールの再構築を目的としたプロジェクトに参画しています。
プロジェクトにおける私の役割は技術面の支援です。具体的には開発パートナー様との協業やシステムの解析・検証など前職の経験を活かして業務を遂行しています。


入社の前と後で、イメージのギャップはありましたか

私はキャリア採用者であったため、即戦力としてプロジェクトに参画すると考えていましたが、SDSアカデミーという社内研修の場で、シオノギにおけるITの主要領域である「研究&開発」「基幹」「営業」「インフラ」を学ぶ機会をいただけたことに驚きました。
キャリア採用者の受入体制が充実していると感じました。


仕事を通じ、成長を実感したエピソードを教えてください

社内外の研修/セミナーに加え、有志による英語の勉強会があり、学ぶ機会が多くありました。
また、仕事においても多くの開発パートナー様と協業することで新しい技術に触れる機会も多く、得られる情報量は格段に増えました。
さらに、社会人・企業人としての「あるべき姿」を考える機会が多く、仕事に臨む姿勢を見つめ直すことができました。
人は厳しい環境に身を置くことで成長できると私は考えていますが、その点でSDSはよい環境であると感じました。


SDSに入社してよかったと思うことは何ですか

「人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」ことを通じ、社会課題の解決に貢献できることです。
前職もシステム構築を通じて、間接的に社会に貢献していましたが、すべての業種・職種に向けたシステム構築を行っていたため、社会貢献に対する意識は希薄でした。


今、チャレンジしていることは何ですか

IT生産性の向上を目的とした新しいコミュニケーションツールの導入検討、新しい社内翻訳システムの構築に加え、データ可視化環境の整備・推進に携わっています。
シオノギグループとしての「あるべき姿」を実現することで、今までより経済的に業務を遂行できる環境を構築することに挑戦し続けたいと思います。


最後にメッセージをお願いします

様々なキャリアを持つ人々が自分の経験を活かしながら業務を遂行しています。
それらの人々が協業し、お互いを刺激しあうことで新しい価値を生み出せる会社であると感じています。
「あなたは何がしたいですか?」と問われる機会が多いので、「自分のやりたいことは何か?」を深く考え、その思いを聞かせてください。

2019年入社(キャリア)