コーポレート・ガバナンス

シオノギは、基本方針のグローバルでの具現化に向け、コーポレート・ガバナンス体制を整備してきました。会社が株主をはじめ顧客・従業員・地域社会などの立場を踏まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みを「コーポレート・ガバナンス」と定義し、最良のガバナンスを実現させるために、2015年10月に「コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方」を制定しています。「コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方」に基づき、コンプライアンスの徹底を図り、ステークホルダーの皆さまとの建設的な対話を通じて、事業環境の変化に対応し続けるために必要な施策を講じ、透明で誠実な経営を実践しています。
  • コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方

    コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方について掲載しています。

    詳しく見る
  • コーポレート・ガバナンス体制

    コーポレート・ガバナンス体制について掲載しています。

    詳しく見る
  • 役員

    シオノギの役員について紹介します。

    詳しく見る