シオノギでは事業活動について、事業との関連性と社会にとっての重要性を考慮してマテリアリティマップを作成し、取り組むべき重要課題のひとつとして「環境への配慮」を特定しています。持続可能な社会の実現に向けて、世界的な課題である「AMR」、「気候変動」、「省資源・資源循環」について、中長期の環境も含めたEHS行動目標(2020~2024/2030/2050)を新たに策定し、重点的に取り組んでいます。

mokuhyou
  • トップメッセージ

    ポリシー、担当役員のコミットメント、中長期目標を紹介しています。

    詳しく見る
  • トピックス

    CDP評価、生物多様性、製品のプラスチック利用について紹介しています。

    詳しく見る
  • 環境マネジメント

    ガバナンス、リスクマネジメント、シオノギと環境のかかわりについて紹介しています。

    詳しく見る
  • 環境マテリアリティ(重要課題)

    特定プロセス、マテリアリティマップなどについて紹介しています。

    詳しく見る
  • 行動目標

    シオノギグループEHS行動目標の環境部分について実績と中長期目標を紹介しています。

    詳しく見る
  • 活動実績

    AMR、気候変動、水、廃棄物、化学物質、汚染予防、生物多様性、環境会計について、取り組みを詳しく紹介しています。

    詳しく見る
  • サイトレポート

    事業所ごとの実績について紹介しています。

    詳しく見る
  • 環境経営評価意見書

    環境活動の公表について信頼性と透明性を向上させ、今後の

    活動に対するご助言をいただくため、第三者意見をいただいて

    います。

    詳しく見る
  • 編集方針

    対象期間、対象組織、適用ガイドライン、報告の全体像などについて記載しています。

    詳しく見る
  • 環境報告書

    PDF冊子としてまとめています。バックナンバーもこちら。

     

    詳しく見る