企業活動を持続的に行っていく上では、ガバナンスの強 化とコンプライアンスの遵守が重要です。コーポレート・ガ バナンスについては、企業が患者さま、医療従事者の方々、 株主・投資家の皆さま、地域社会、従業員等の立場を踏まえた上で透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うため の仕組みと定義しています。コンプライアンスについては、法律、 規則、規制等の遵守にとどまらず、社会規範の遵守、さらに は企業・社会人としての倫理的行動をも含むものと捉え、そ の徹底を図っています。また全社的にリスクマネジメント活動 を推進し、常にリスクと隣り合わせであるという意識をグ ループ全従業員が高く持つことで貴重な経営資源の保全と 有効活用に努めています。
  • コーポレート・ガバナンス

     コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方、コーポレート・ガバナンス体制、シオノギの役員について紹介しています。

    詳しく見る
  • リスクマネジメント

    シオノギのリスクマネジメントに対する考え方、危機管理体制、事業等のリスク、事業継続計画(BCP) の概要について紹介しています。

    詳しく見る
  • コンプライアンス

     シオノギは、コンプライアンスを「企業の基盤」として位置付け、すべての事業活動を行っています。

     

    詳しく見る