医療アクセスは世界中の多くの人たちにとって重要な課題となっており、シオノギは今後も基本方針を追求し、製薬企業の社会的責任として、皆さまの医療へのアクセス向上に真摯に取り組んでいきます。

医療アクセス改善への取り組み

シオノギは、医療アクセスの向上に向けて、「シオノギグローバルヘルスアクセスポリシー」を制定し、自社のみならず様々なパートナーとの連携により開発途上国をはじめとする世界中の人々の健康に貢献することで、企業としての使命を果たしていきたいと考えています。

外部からもシオノギの医療アクセスへの取り組みは評価されており、特にAMRへの取り組みではAntimicrobial Resistance Benchmark 2018の調査において、日本の製薬会社で唯一、評価対象基準を満たすとともに、対象企業の中で感染症薬の研究・開発分野への年間投資額比率(年間投資額/売上高)が最も高い会社であると評価を受けています。

具体的には、以下のような取り組みを推進しています。
  • 革新的な治療法の開発

    既存の標準治療よりも優れた革新的なソリューションの開発を通じて、グローバルヘルスをより良くすることに貢献します。

     

    詳しく見る
  • 医薬品の適正使用の推進

    医療事業者、患者、ご家族の皆さまに正しい情報を提供し、医薬品の適正使用を推進することに尽力します。

    詳しく見る
  • 発展途上国における知的財産上の配慮

    医薬品の価値及び購入しやすさを十分に考慮しつつ、各国の情勢及び医療制度に合わせた価格戦略を製品ごとに検討しています。

    詳しく見る
  • 発展途上国におけるヘルスケアシステムの強化

    国際NGOと協働し、ケニアの医療サービスへのアクセス向上および栄養状態の改善をサポートなどに取り組んでいます。

    詳しく見る