マテリアリティ(重要課題)の特定

シオノギは「常に人々の健康を守るために必要な最も 良い薬を提供する」という基本方針のもと、事業活動を 通じて社会課題解決および医療ニーズに応え、社会に必要 とされる企業として成長し、その成果をステークホルダーと 共有することを目指しています。その実現のため、シオノギ が優先的に取り組む重要課題(マテリアリティ)を特定し 取り組みを進めてきました。 2030年に向けて、企業を取り巻く環境の変化、新たなビジネスの方向性、社会からの要請を踏まえた新たな ビジョンと新中期経営計画(STS2030)を策定するとともに、 シオノギの取り組むべき重要課題についても改めて検討 し、「顧客・社会に新たな価値を創出するために取り組む 重要課題」について見直しを行いました。将来にわたって 社会へ価値を提供し、共存して成長することの重要性を 認識し、これらのマテリアリティにグループ一丸で注力して いきます。

マテリアリティの特定プロセス
マテリアリティマップ
マテリアリティ①
マテリアリティ②