アフリカでの医療アクセス向上

Mother to Mother SHIONOGI Project

シオノギは、SDGsの目標3に掲げられているUHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)の達成に向け、ケニアにおいて「Mother to Mother SHIONOGI Project」を進めています。

サハラ砂漠以南のサブサハラは、妊産婦や5歳未満児の死亡率が極めて高い地域です。

国際NGOワールド・ビジョンとともに、コミュニティのヘルスケアシステムの強化を通じて、母子の健康を守る活動に取り組んでいます。

  • Mother to Mother SHIONOGI Project

    Mother to Mother SHIONOGI Projectのコンセプトや支援地域、報告書などを紹介しています

    詳しく見る
日本からアフリカへ、ママがつなげる元気のバトン Mother to Mother SHIONOGI Project

Access Accelerated への参画

シオノギは、2017年よりAccess Acceleratedに参画しています。

地域の保健サービスの強化を通じて母子の医療アクセス向上に寄与する活動であるMother to Mother SHIONOGI Projectは、Access Acceleratedのプログラムとして「Access Accelerated Year Two Report」に掲載されています。SDGsの目標3のターゲットに掲げられている「2030年までに、非感染症疾患(NCD)による早期死亡を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健および福祉を促進する」の達成に貢献するため、今後もAccess Acceleratedを通じた取り組みを進めていきます。

Access Accelerated:日米欧の製薬企業約20社以上、世界銀行、国際対がん連合(UICC)、および政府等が連携し、低・中低所得国における非感染性疾患(NCDs)の予防、治療、ケアを改善することを目的としたイニシアティブ
Access Accelerated