日本からアフリカへ、ママがつなげる元気のバトン Mother to Mother SHIONOGI Project

持続可能な社会の実現には、次世代の子どもたちが健康に育つ環境が不可欠です。

Mother to Mother SHIONOGI Projectは、妊産婦・新生児・乳幼児を予防可能な死から守り、ヘルスケアシステムの強化を通じて、UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)の達成を目指します。

サブサハラ・アフリカの課題

サブサハラ・アフリカ地域では、今でもなお、5歳未満児死亡率は出生1,000件中78件、妊産婦死亡率は出生10万人当たり533人※1に上り、SDGsにおいて掲げる目標(それぞれ25件以下、70人未満※2)との間にはまだ大きな隔たりがあります。

SDGs
サブサハラ・アフリカが全体の半分以上を占めている
妊産婦死亡、サブサハラ・アフリカ:68%。5歳未満児死亡、サブサハラ・アフリカ:54%
死亡要因の多くは出生と感染症に関係
5歳未満児死亡の47%は新生児が占めている
5歳未満児の死亡要因、感染症:42%、出生関連:31%、その他:27%
  1. ※1
    unicef THE STATE OF WORLD’S CHILDREN 2019 Children, food and nutrition
  2. ※2
    持続可能な開発目標(SDGs)指標仮訳(総務省)
  3. ※3
    Child Mortality Report 2019

母親の妊娠・出産の環境改善および子どもの感染症を中心とした対策が必要

5歳未満児死亡のうち47%は生後28日未満に発生し、その1/3以上は生まれた当日に生じており、ほとんどが予防可能だと言われています。子どもが最も脆弱な時期(とくに新生児)に、適切な医療サービスを届けることは、その国の社会の持続的な繁栄につながります。

Mother to Mother SHIONOGI Project

シオノギ製薬は2015年から従業員からの寄附をもとに、国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパンとともに、ケニアの新生児・乳幼児・妊産婦の死亡率低減に取り組んでいます。
shionogi
World Vision この子を救う。未来を救う。

<ケニアの母子保健課題>

ケニアでは広大な国土に対し診療所の数が非常に少なく、医療従事者の不足や、地域住民の保健や栄養に関する知識不足、ジェンダー不平等の問題などにより、多くの方の医療サービスへのアクセスが制限されています。

また、安全で清潔な水へのアクセスも限られており、下痢の発症率が高いなどの課題があります。

 

これらを解決するため、ケニアのナロク県、キリフィ県において、2つの母子保健支援事業を実施しています。詳細は各事業のページをご覧ください。

体調を崩した子供を診療所へと連れていく家族
体調を崩した子供を診療所へと連れていく家族
  第1期事業 第2期事業
事業地 ナロク県ナロク南準県 イララマタク地域 キリフィ県ガンゼ準県 バンバ地域、ジャリブニ地域
期間 2015年10月~2020年9月(5年間) 2020年4月~2023年3月(3年間)
支援施設数 1施設 3施設
受益者数 合計 14,612人 合計 77,506人 
直接受益者:5,947人
間接受益者:8,665人 
直接受益者: 28,196人
間接受益者: 49,310人 
アフリカ、ケニア、地図

事業活動の3本柱

「母子の健康管理を自立的かつ持続的に行えるコミュニティの実現」

本プロジェクトでは、妊産婦の出産環境を整えるだけではなく、コミュニティへの教育・啓発や保健人材の能力強化、水衛生環境の整備、政府へのアドボカシー等を通じて、地域の健康管理の自走を目指しています。

妊産婦・授乳婦・5歳未満児の母子保健サービスへのアクセス向上

  • 保健施設の整備
  • 保健人材の能力強化
  • 巡回診療の実施等

コミュニティの栄養・水衛生

行動改善の仕組み整備

  • 水供給施設の整備
  • 栄養・衛生教育
  • 栄養プログラムの実施
  • コミュニティと学校において適切な衛生知識と行動の浸透

保健システムマネジメントの強化

  • アドボカシー・グループ活動
  • 政府・パートナーとの定期会合
  • モニタリング・評価の強化
Mother to Mother ロゴマーク