Antimicrobial Resistance(薬剤耐性、以下「AMR」)はグローバルな脅威であり、耐性菌による感染症患者に対しては生命に危険を及ぼし、社会に対しては直接的・間接的に深刻な損失をもたらす可能性を有しています。
将来、効果のある抗菌薬が開発され市場に投入されなければ、将来的には現在の感染症治療で用いられている抗菌薬だけでは命を救う事が出来なくなり、手に負えない状況になる可能性さえあります。
これらのことから、各国政府や保健行政機関は、AMRをグローバル、地域・国レベルで優先度の高い社会課題として取り上げています。
このページではシオノギのAMRへの取り組みについて紹介します。
  • シオノギの約束

    AMR問題に対する当社役員からのメッセージ

    詳しく見る
  • 背景

    AMRはグローバルな脅威であり、時間はもうありません

    詳しく見る
  • 感染症への長期コミットメント

    長年の抗菌薬創製の経験から培った強みを活かして、新しい開発品を創出し続けています

    詳しく見る
  • シオノギの挑戦

    世界が直面するAMR問題へのシオノギの挑戦を紹介します

    詳しく見る
  • 抗菌剤の環境排出に関する適正管理

    シオノギは長年にわたって抗菌剤を開発・製造・販売しており、抗菌剤の環境排出に関しては適正管理を行ってきました

    詳しく見る
  • 塩野義製薬AMRポジションペーパー

    AMR問題に対するシオノギの考え、取り組み
    (2020年6月 改訂)

     

    詳しく見る