企業を取り巻くリスクには多種多様なものがあります。リスクを未然に防ぎ、不測の事態が発生した場合、その被害を最小限にするためのリスクマネジメントは企業にとって不可欠なものとなっています。
シオノギでは、事業継続と価値向上の観点から関連する内外の様々なリスクを適切に管理するため、リスクの未然防止と不測事態が発生した場合の再発防止策の二つの側面からリスクマネジメントを行っています。
ここでは、近々の環境に関連する課題からリスクを特定し評価した結果を紹介しています。

環境リスクマネジメントプロセス

[特定]SDGs、ダボス会議などのグローバルな枠組み、外部評価の主要な項目、業界団体方針などの社外環境変化から課題を抽出[評価]課題による事業への影響を特定し、影響の規模、発生確率、課題の将来性を考慮し重大性を評価[対応]各々の課題に対し、対策を検討[有効性評価]シオノギグループ中央EHS委員会にてレビューを実施。必要事項は経営会議を通じて取締役会へ報告

特定、評価結果とその対応

評価基準については、下表を基本としていますが、中央EHS委員会による審議も含みます。
レベル 影響 発生
操業停止 周囲で頻繁に発生
設備投資 過去事例有り
過去事例無し