SHIONOGIグループリスクマネジメントポリシー

1. ⽬的

SHIONOGIグループは、社内外の環境変化とその事業への影響に対する予見力を高め、新たな事業機会を創出するとともに、特定したリスクに対して適切に対応することで、戦略的なリスクマネジメントを推進します。それにより、SHIONOGIの基本方針を具現化し、持続可能な企業価値の向上に努めます。

2. 活動方針

  • すべての企業活動において、経営戦略・事業戦略と統合したリスクマネジメントに取り組みます。
  • 全社統一したリスクマネジメントプロセスのもと、各リスク責任者のそれぞれの役割を明確にし、自律的なリスクマネジメントを実行します。
  • 重要なリスクの特定と対応方針・優先順位付け及びそれらに基づく経営資源の配分をおこない、リスク対応を実行します。
  • リスク対応に関する定期的なモニタリング・レビューをおこない、取締役会へ報告するとともに適時適切にリスク情報を開示し、ステークホルダーの信頼を高めます。

3. ⾏動原則

  • 社内外の環境変化に適応し、リスクに対する当事者意識を高め、新たな事業機会へチャレンジします。
  • 認識したリスクに必要な対応を多様な視点で考え、徹底的に実行します。
  • 適切なリスクマネジメントを通じて、人々の健康を守るために必要な製品・サービスの創出と安定供給を実現します。
  • 危機事象の発生時には、人命保護と安全確保を最優先し、速やかに被害の最小化と再発防止の対策を講じ、事業を継続します。

 

 制定 2015年10月5日

改定 2022年 7月1日