「新たなプラットフォームでヘルスケアの未来を創り出す」というビジョン達成に向けて医薬開発本部は、これまで以上に患者さま目線での「価値」を正確につかむことを意識し、その価値の具現化のための開発をグローバルで最速かつ最適に展開します。

注力パイプライン

漸進的な改良ではなく、革新的価値、つまり誰が見ても新しいと思える価値の提供を目指して8つの注力パイプラインの開発を進めます。

パラダイムシフトのPNGファイル

複数の疾患を並行して走らせる開発戦略

新規化合物の創製はますます厳しくなっています。そのため、化合物の特性からどの疾患に効果があるのかを早期に見極めるため、複数の疾患を対象とした臨床試験(PoC試験)を並行して走らせる開発戦略を講じています。

高生産性組織への変革

デジタル試験やリアルワールドデータを利用した臨床試験などの新たな手法を用い、より短期間で成果の出せる効率的な方法を取り入れていきます。また、データや試験の品質に徹底的にこだわって試験を成功に導いていきます。