シオノギグループ調達ポリシー

シオノギグループは、「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」という基本方針のもと、人々の健康の維持増進と快適な生活、ならびに持続可能で健全な社会を実現するために、誠実・正確・公正・透明を基本とする調達活動を行います。本ポリシーは、シオノギグループが原材料・物品・サービスの調達活動を行う際に遵守する主要な原則を定めています。

1. 調達に対する基本的な考え方

シオノギグループは、シオノギグループ行動憲章及び関連するシオノギグループポリシーはもとより、国連グローバル・コンパクトが掲げる「人権・労働・環境・腐敗防止」に関わる10原則、世界各国のグローバル製薬企業で構成され、持続可能な調達を推進する非営利団体PSCI*1が掲げるPrinciples(PSCI原則)、ISO26000(社会的責任に関する手引)及びISO20400(持続可能な調達に関する手引)など、広く社会に認められている基本原則及び国際規範も支持し、尊重します。

※ *1 PSCI : Pharmaceutical Supply Chain Initiative

2. 適正な調達

シオノギグループは、多くの患者さまや医療関係者の皆さま、ならびに社会に有用で、品質、安全性、医療経済性に優れた製品・サービスを創出し、継続的・安定的に提供するために、適正量・適正品質の原材料・物品・サービスを適正価格で調達いたします。

 

3. 持続可能な調達の推進

3.1 コンプライアンスの徹底

  • 調達活動に関係する各国の法令(独禁法、下請法など)、社会規範を遵守いたします。
  • 調達業務の遂行においては、透明性と客観性をもった良識ある行動を心掛け、お取引先様との私的な利害関係を排除することはもちろんのこと、業務上の優位な立場・権限を利用した利益(金銭、物品、接待、便益など)の要求、享受はいたしません。
  • 調達活動を通じて知り得た情報は責任をもって管理し、機密を保持するとともに、その目的以外には使用せず、お取引先様の承諾なしに関係当事者以外の第三者へは決して漏洩いたしません。
  • 調達活動は、公正かつ透明でわかり易い手続きによって行い、特定の個人もしくは組織との非合理的・反社会的な取引はいたしません。

3.2 人権、労働環境、安全衛生及び地球環境への配慮

  • 人権に関する各種国際規範に則り、すべての人々の人権を尊重し、労働環境、安全衛生に配慮した調達を推進いたします。
  • 環境関連法規を遵守するとともに、地球環境に配慮した調達を推進いたします。

3.3 教育研修及び継続的改善

  • シオノギグループで調達活動に関わる者が、持続可能な調達の重要性を十分に認識するように、必要な教育研修を実施いたします。
  • 持続可能な調達に関する取組みを定期的に評価し、お取引先様と共に継続的な改善を図ります。

4. お取引先様との関係

  • お取引先様とは良きパートナーとしてコミュニケーションを重視し、対等な立場で誠実な対応を行うことにより、相互に信頼関係を深め、共に繁栄を築くように努力いたします。
  • 選定にあたっては、品質、技術力、経済合理性(価格、納期)、協力度の他、経営安定性・社会的信頼性、実績、持続可能な調達に関する取組み等も併せて総合的に検討することにより公平・公正に決定し、特定のお取引先様に有利な取扱いはいたしません。*2

※ *2 具体的には、当社が定めております「シオノギグループビジネスパートナーに求める行動規範」を参照ください。

2011年10月1日 制定

2015年4月1日 改定

2021年11月1日 改定

塩野義製薬株式会社

代表取締役社長

手代木 功