シオノギでは「シオノギグループEHSポリシー」のもと全社的な管理体制を構築し、グループのみならず協働するサプライヤーも含めてEHS活動に取り組んでいます。

化合物管理体制

化学物質に関連する法規制である、PRTR法をはじめとした様々な法律を遵守することはもちろん、化学物質を適正に管理し、法規制値より厳しい自主管理値を守ることで、自然環境への影響・従業員の安全・近隣住民の安全に配慮・リスク軽減に努めています。

廃液処理

排水の水質管理により、水資源の保護に努めています。法規制値よりも厳しい排水水質の自主管理値を設定し常時監視しています。

生物試料等の安全管理

関連法律の定めに則り安全かつ適正な取り扱い、取り扱い者の安全確保及び試料の拡散防止に努めています。

社内教育

入社時及び入社後も必ず毎年、研究倫理の動画の閲覧や書物の配布を行うなど、全研究員に対し必要な教育を実施・徹底しています。

資源ごみのリサイクルやグリーン購入

事業者内において発生するごみについては、細かく分別しリサイクルの推進を行っています。また、オンライン教育においてごみの分別の教育を定期的に行っています。

リンク