シオノギは「世界人権宣言」、「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言とそのフォローアップ」および「国連グローバル・コンパクト」を含めた国際的な人権基準を支持します。
さらに、「国連ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、事業活動全般において継続して人権を尊重し、国際的人権義務、ならびに関連する法令の順守を徹底します。他者の人権を侵害せず、事業活動上生じる人権への影響を考慮し、最善に対処するものとし、すべてのビジネスパートナーとともに人権尊重に取り組みます。

 

シオノギは人権に対する負の影響の発生を防止し、軽減または回避する措置の実施の検討を継続的に行っていきます。人権に対する負の影響を引き起こした、または負の影響を助長したことが明らかになった場合は、適切な手段を通じて、その是正に取り組むものとします。

このような活動を継続するとともに、公開することを通じて誠意をもって人権に関する取り組みを行うものとします。

 

差別禁止の徹底

雇用および職場におけるあらゆる差別を行いません。またハラスメントについて社内相談・通報窓口を設置し、窓口担当者および従業員に対するハラスメント教育を行い早期発見及び防止に努めます。

 

児童労働、強制労働の禁止

児童労働、強制労働、奴隷労働、人身売買および人の尊厳と敬意の保持に反するいかなる行為も許容しません。

 

労働者の基本的権利の尊重

結社の自由の保障ならびに労働者の団結権および団体交渉権を尊重し、現地法を順守します。

 

安全かつ健全な労働条件の提供

安全かつ衛生的で快適な職場環境を確保し、適切な賃金支払いや労働時間の管理を行います。相談窓口を設置し、過重労働の未然防止に努めます。

 

ダイバーシティの向上

人種・宗教・国籍・性別・性的指向・性自認・障害などを問わず成長して活躍できるよう、価値観の多様性を尊重し、ダイバーシティの向上に努めます。

 

コンプライアンスの徹底

「シオノギグループコンプライアンスポリシー」に則り、事業活動における法令順守と倫理的行動を確保するため、シオノギグループすべての役員、従業員のコンプライアンスの徹底に努めます。

 

2017年にはPSCI[※1]に加盟し、取引先を含む企業活動全体にわたって人権尊重に関する取り組みを推進しています。
  1. ※1
    PSCI : Pharmaceutical Supply Chain Initiative(世界の製薬企業40社以上が参画し、医薬品業界におけるCSR調達の推進を目的とする非営利団体)
CSR調達の推進については、サプライチェーンマネジメントの項目で詳しく紹介しています。

国連グローバル・コンパクトへの取り組み

シオノギがグローバルに事業を展開していく上で、地球規模でのグローバル企業市民としての責任を果たし、経営と一体となって社会課題の解決に貢献するべく、2019年8月に国連グローバル・コンパクトへの参加を表明しました。

シオノギは、持続可能な成長を実現するため、国連グローバル・コンパクトが掲げる「人権・労働・環境・腐敗防止」に関わる10原則の本質的な価値観に賛同し、今後も引き続き、人権擁護を支持し尊重するとともに、人権侵害に加担しないことや強制労働、児童労働の廃止等を実現するためのグローバルレベルでの取り組みを一層推進していきます。

国連グローバル・コンパクトの10原則

人権

原則1: 人権擁護の支持と尊重

原則2: 人権侵害への非加担

労働

原則3: 結社の自由と団体交渉権の承認

原則4: 強制労働の排除

原則5: 児童労働の実効的な廃止

原則6: 雇用と職業の差別撤廃

環境

原則7: 環境問題の予防的アプローチ

原則8: 環境に対する責任のイニシアティブ

原則9: 環境にやさしい技術の開発と普及

腐敗防止

原則10: 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取り組み