企業活動と患者団体の関係の透明性に関する指針

シオノギの姿勢

 当社は、企業理念である「基本方針」「行動方針」に基づき、世界中の人々の健康の増進と、QOL(Quality of Life:生活の質)向上に貢献するために、より一層満足度の高い医薬品をお届けすることを使命として、医療用医薬品を始め、一般用医薬品や診断薬の研究開発、製造、販売活動に日々取組んでおります。

 この使命を果たす医薬品と患者さまが関わるあらゆる場面において、患者さまやご家族の方々の求めるニーズや悩みを理解し対応していくため、患者団体との積極的な協働を図る必要があります。

 また、患者団体との協働について、一般社会から正しい理解を得ることを目的として、透明性を確保することに努めてまいります。

その指針として、日本製薬工業協会の「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」の策定を受け、当社の行動基準を制定いたしました。

情報公開

1.公開方法

インターネット上の当社ウェブサイトなどにて患者団体への資金提供などについて公開する。

2.公開時期

2013年度より公開対象となる資金提供などについて、各年度における決算終了後に公開する。

3.公開対象と内容

公開対象となる項目および内容は、次のとおりとする。

 

(1)直接的資金提供

 対象: 寄附金、会員・賛助会員費、協賛費、広告費など

 内容: 直接的資金提供を行った患者団体名および費用項目ごとの金額

 

(2)間接的資金提供

    対象:

  ・患者団体支援を目的とした当社およびグループ会社主催・共催の講演会、説明会・研修会などに伴う費用

  ・患者団体支援に関連して外部業者に委託した費用

    内容: 間接的資金提供を行った患者団体名および間接的資金提供総額

 

(3)依頼事項への謝礼など

    対象:講師、原稿執筆・監修、調査、アドバイザーなどの費用

    内容:当社およびグループ会社から依頼を行った患者団体名および費用項目ごとの金額

 

(4)その他

    対象:労務提供の有無

    内容:提供した患者団体名

 

(2018年4月制定)

公開にあたっての定義および原則

1.公開にあたっての定義および原則

(1)患者団体とは、患者・家族、その支援者が主体となって構成され、患者の声を代表し、患者・家族を支えあうとともに、療養環境の改善を目指し、原則として、定款・会則により定義された役割や目的を持つ国内の患者会・患者支援団体をいいます。なお、団体を対象とし、個人は対象としません。

また、患者とは関わりのない市民団体などが開催する疾患啓発・健康保持増進目的の一般市民向けイベントは対象としません。

 

(2)当社ウェブサイトなどにて公開します。

 

(3)公開対象期間は、2019年4月1日から2020年3月31日までの1年間に支払われた資金など(労務提供を含む)です。

 

(4)金額については、消費税は含まず公開します。

 

(5)資金などの提供先患者団体は、支払時点の名称で公開することを原則とします。

 

(6)患者団体へ提供した資金などについては、価額を問わず公開対象とします。

 

(7)国内グループ会社(シオノギヘルスケア株式会社を除く)からの資金などの提供についても公開対象とします。

 

(8)企画会社や財団などの第三者を経由して患者団体へ資金などが提供されていることが明らかな場合は、公開対象とします。

 

(9)他社と共同で事業を行った場合の資金などについては、当社および国内グループ会社(シオノギヘルスケア株式会社を除く)提供分を公開対象とします。

 

(10)情報公開に際しては、原則として文書による同意を取得しております。

 

なお、情報公開に同意いただけない場合には、資金などの提供を行いません。