シオノギは、企業が社会とともに持続的に成長し続けるためには、社会課題の解決に貢献できるイノベーションの継続的な創出が不可欠であると考えています。研究開発への必要な投資を行い、強みである低分子創薬を軸にしながら、新たに特殊ペプチド創薬に取り組むとともに、IT産業を含む多様なパートナーとの連携を深めて新たなモダリティの拡充や新技術の獲得を進めることで、イノベーションと医療経済性を兼ね備えた新薬を創出し続けます。また、社会や顧客のニーズに向き合い、ヘルスケア領域において新たな価値を提供できるよう、引き続き研究開発を中心としたイノベーションに対するこだわりを大切にしていきます。

患者様への想い

研究テーマを決定する際「シオノギは、常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」ことを考えています。治療薬の無い疾患や治療満足度の低い疾患に対する治療薬を中心に、多くの患者様が必要としている薬を創出し届けることを目指して研究活動を行っています。

イノベーションと医療経済性の両立

低分子創薬と特殊ペプチド創薬によるイノベーションを医療経済性の両立

近年、少子高齢化の波が全世界に押し寄せる中で、高額薬剤問題に代表される、“イノベーションと社会保障の持続可能性の両立”は、国連の議題となるほど、グローバル共通の社会課題となっています。イノベーションだから高い薬価で当然だろう、ということに対して、社会が“ノー”と言い始めています。シオノギは、社会とともに成長し続けることを掲げており、リーズナブルな価格で役に立つ薬はないか、可能性を常に追い続けています。

イノベーションと医療経済性を兼ね備えた新薬の創出に注力するために、強みである低分子創薬を軸にしながら、その基盤を応用し創薬力を一層強化するためのモダリティとして、低分子医薬並みの低価格性と抗体医薬に匹敵する高い特異性(薬効・副作用の両面に利点)、抗体医薬では困難な細胞内ターゲットにアプローチ可能な分子特性等を併せ持つペプチド(中分子)を活用した創薬への取り組みも推進しています。

自社創薬へのこだわり

製薬会社の中には、製品が足りなくなれば他社から購入して世界に直接届ける形態を取る会社もあります。シオノギはそれとは一線を画し、「自社で創薬し承認された製品を患者さまにお届けして役に立つことが仕事であり、それが私たちの存在意義」だと考えて、自社創薬にこだわりを持っています。一般的な製薬会社の自社創薬比率が2~3割と言われている中で、シオノギは50~70%を理想と考え創薬に取り組んでいます。2019年3月末日時点の自社創薬比率は69%であり、創薬型製薬企業として成長することを宣言しているシオノギにとってこの比率の高さは自社の創薬力の高さを示すものと自負しています。