性器クラミジア感染症

日本でもっとも多い性感染症です。
自覚症状がない場合が多く、感染に気づかないことも多いです。
進行すると、不妊症や母子感染などの原因になることがあり、きちんと治療する必要があります。

症状

無症状のことが多いですが、おりものが黄色くなり増える、生理痛のような痛み、不正性器出血などの症状があります。
進行すると、骨盤内炎、卵管炎、肝周囲炎を起こして、重症化することがあります。
新生児の場合は母親から出産時に感染し、結膜炎や肺炎を発症することがあります。

病原体

クラミジア

潜伏期

1~4週間

検 査

尿や尿道分泌液、おりもの、咽頭擦過物(いんとうさっかぶつ)、咽頭うがい液に含まれるクラミジアを遺伝子学的検査で検出することで診断します。
血液クラミジア抗体を調べる検査は、過去に感染し、治った人も陽性となることがあります。

治 療

抗菌薬が有効です。
決められた期間きちんと服薬しないと菌が残ることがあります。
パートナーも検査を受け、感染していたら治療することが重要です。

感染経路

クラミジアは、喉、直腸、尿にも存在します。
口腔性交(オーラルセックス)、肛門性交(アナルセックス)などの性行為も感染する可能性があります。

免 疫

免疫はできないので、何度も感染します。

東京都福祉保健局:性感染症ってどんな病気?

totop