子宮内膜炎

子宮の内側をおおっている膜(子宮内膜)に起こる炎症です。

症状

下腹部の不快感や痛み、膿(うみ)のようなおりもの、発熱、不正出血などがあります。
内診時に子宮の圧痛がみられます。

病原体

大腸菌、腸球菌、レンサ球菌、ブドウ球菌、クラミジア、淋菌(りんきん)、結核菌などで、複数菌感染が多いです。

検 査

子宮の分泌物から原因菌を調べます。

治 療

原因菌に合った抗菌薬を使用します。

感染経路

月経がある女性では内膜が周期的にはがれ落ちるため、細菌が入ってきても排出されて炎症を起こすことは少ないですが、出産後、流産後、閉経後の女性では排出されずに感染を起こしやすくなります。
子宮内の検査や手術を受けた場合に、細菌感染することもあります。

・法研:六訂版 家庭医学大全科
・金原出版:産婦人科感染症マニュアル
などを参考にして作成

totop