骨盤腹膜炎

骨盤内にある膀胱、直腸、子宮、卵管などの表面を覆う腹膜に起こる炎症です。
子宮頸管炎、子宮内膜炎、子宮付属器炎から炎症が広がって発症することが多いです。

症状

下腹部痛、膿(うみ)のようなおりものの増量、悪寒・震えを伴う発熱、子宮・子宮付属器の圧痛、性交痛や不正出血などがみられます。

病原体

クラミジア、淋菌(りんきん)など。

検 査

血液検査、微生物検査、経腟超音波などの画像検査。

治 療

原因菌に合った抗菌薬を使用します。

感染経路

子宮頸管炎、子宮内膜炎、子宮付属器炎から広がって起こることが多いので、それらの因子が骨盤腹膜炎の原因にもなります。
性行為、子宮内避妊具の長期装着、開腹手術後の感染などがあります。

・法研:六訂版 家庭医学大全科
・金原出版:産婦人科感染症マニュアル
などを参考にして作成

totop