シオノギの人材育成の方針やキャリア開発、人材像、報酬・評価制度について紹介しています。

人材育成の方針

持続的に企業が成長し続けるための基盤となる多様な人材が重要です。多様な価値観が融合し、さまざまなイノベーションを生み、社会に貢献することがシオノギの発展につながります。
多様な人材を育成するため、若年層から中堅層、幹部職層に対する育成プログラムの実施と計画的なジョブローテーションを通じ、新たなリーダーの育成に努めています。
社長自ら幹部職層を育成する「社長塾」や本部長が講師役を務めて幹部候補を育てる取り組みなど、さまざまな育成プランを実施し、会社視点で物事を考えられる人材を育成し、次世代の経営幹部の育成にあたっています。

シオノギのキャリア開発

「シオノギの基本方針」をグローバルに具現化するため、「人が競争力の源泉」という人材育成理念のもと、「グローバルな競争に勝ち抜ける強い個人の育成と組織の構築」を目指しています。
「個」の成長と「組織」の成長のベクトルを合わせることで事業戦略を達成
従業員個人の強みを活かしてシオノギへの貢献に必要な自己鍛錬を考え、相対競争力も意識して、仕事を通して個人と組織の成長を結び付けていくことを「キャリア」と定義づけて、「キャリア開発プログラム」を構築しています。
人材育成全体像イメージ

自律的に自身のキャリアを考えるためのツール「未来予想図」や、マネジャーが協力者(部下)の成長を後押しするためのツール「育成のあしあと」を用いた対話を大切にしています。そして、協力者(部下)がやりたいことと真剣に向き合い、その実現に向けた「自己投資」をサポートしています。

[個人:自律]「価値」の提供、労働市場における価値向上[シオノギ:支援]「場」の提供、機会の創造/両者からのコミュニケーションコミットメント(未来予想図(キャリアデザインシート))

また、「キャリア開発プログラム」の一つとして「社内公募制度」を導入しています。社内公募制度では、自ら手を上げて挑戦する従業員の支援と組織力の更なる向上を目指しています。

シオノギの人材像

従業員の成長こそがシオノギの成長の源泉です。新たな価値を社会に届けるために、会社が期待する人物像、マネジャー像を描き、経営層が責任をもって従業員の育成に取り組んでいます。

シオノギが期待 する人物像

シオノギの基本方針に心から共感し、自らの手で未来を勝ち獲る覚悟がある人
従業員一人ひとりがマインドと行動を進化させ、さらに成長・発展をしていくためにも、すべての従業員が自らの未来に向かって自律的に成長することを支援しています。

シオノギのマネジャー像と次世代のリーダー育成

シオノギのマネジャー像

  • マネジャーはこれまでの延長線上で成し得るものではなく、全く新しい職種であるということを自覚している。
  • 協力者(部下)はかけがえのない存在であるという認識に立ち、その育成に責任を持つことの重みを実感しているからこそ、まずは自らが誰よりも勉強している。
  • 常に外に目を向け、社外のネットワークを構築し、自身のレベルを謙虚に知る努力をするとともに、グループの業務を革新するための情報を常にアップデートしている。
  • 自組織のみの観点からではなく、全体最適の観点から思考、行動している。
  • ファイティングスピリットを持ち、組織の中で飛び抜けたマネジャーであろうと努力している。そのために、自らの提案を積極的に展開できるだけの論理性を磨いている。
  • コンプライアンス推進に自ら携わった経験があり、高い意識を持って自ら実践できている。
  • 常にシオノギの経営理念である「基本方針」に立ち返り、シオノギ人としての誇りを持ち、自らの専門性、技術を向上させるとともに人間としての品格を磨いている。 

社長塾

社長自らが幹部候補を育成する「社長塾」は、2012年度から開始し、毎年10人前後を選抜し、月一回、年間で7〜9回開催されています。全社視点で物事を考えられる人材、タフネスを兼ね備えた多様な人材を養成し、次世代の経営幹部の育成にあたっています。

グループ会社でのマネジメント経験を通じた経営幹部の育成

グループ経営において、経営幹部候補がグループ会社の社長や非業務執行取締役や監査役を担うことで、マネジメント経験を積んでいます。グループ会社内での議論の内容は社長自らが確認しています。

年に2回の株主総会と事業報告会では、社長とグループ会社の役員が徹底的に議論をすることで、ステークホルダーの目線を養い経営感覚を磨く場を提供しています。

執行役員の本部ローテーション

シオノギでは、執行役員に対して本部をまたいだローテーションを実施しています。このローテーションにより、執行役員は複数の本部の運営を経験することとなり、本部の代表としてだけでなく全社的な視点で経営を行えるようになりました。

報酬・評価制度

  • “人が競争力の源泉”という人材育成理念のもと、“グローバルな競争に勝ち抜ける強い個人の育成と組織の構築”を目指し、仕事を通じて、人として成長していくことを実現するため、「仕事が基軸」、「行動変容」と「成果創出」をコンセプトとした人事制度としています。
  • 「専門性の高い人材像」とその人材が会社・部門業績に大きく貢献している姿を明確にし、従業員の自己実現を考えられる、専門性の高い人材の育成を目的とした制度としています。
  • 会社・組織への貢献度(成果創出)と成果創出につながるプロセス(行動変容)に焦点を当てて評価を行い、処遇に反映しています。人事制度のコンセプトを鑑み、業績に連動し、利益の一部を従業員の貢献に応じて配分する報酬とすることで、従業員が会社業績に関心を持ち経営意識を高め、会社と個人がともに成長していくことを目指しています。

評価制度の全体像

業務遂行を通して得られた成果(=成果創出)と発揮した行動・プロセス(=行動変更)を評価します。成果創出と行動変容を総合的に判断し、処遇へ反映します。
シオノギの人材育成、キャリア開発の考え方についてはシオノギグループの採用情報「シオノギリクルーティングサイト」にも掲載しています。