発達障がいは、脳機能の障害に起因して特有の症状が発現するもので、

症状の発現型は多様であり、困りごとを抱える方がいる一方で、個性として尊重されている方も多くいます。

シオノギは、こうした症状の発現型の多様さが、発達障がいを持つ方々への理解や支援を妨げている側面もあると考えており、

症状を改善する医薬品の提供だけでなく、周囲の理解や支援の輪を広げる取り組みを行うことで、

ご本人やそのご家族が健やかな生活を送れるような環境づくりを目指しています。
シオノギでは、2017年度より「こどもの未来支援室」を設置し、自治体等と連携を図りながら様々な取り組みを行っています。

連携協定を締結している自治体

●大阪府:2017年1月~

●滋賀県:2018年2月~

●香川県さぬき市・東かがわ市:2018年3月~

●広島県:2018年3月~

●岩手県:2018年5月~

●横浜市:2022年2月~

  • 社会の理解促進

    発達障がいの特性や困りごと等について

    理解を深めていただく活動を

    実施しています

    詳しく見る
  • 支援体制の整備

    自治体等と連携し、

    発達障がいのご本人やそのご家族を支援する

    人材の育成を進めています

    詳しく見る
発達障がいをもつ方々の支援