尖圭(せんけい)コンジローマ

外陰部に小さなとがったイボができます。
痛みやかゆみなどの自覚症状もほとんどないので、感染に気づかないことがあります。

症状

淡紅色または褐色の小さなとがったイボが外陰部から腟内や肛門にできて、集まると小さなカリフラワー状になります。
普通は自覚症状はありませんが、大きさやできた場所により痛みやかゆみを感じたりすることがあります。
ウイルスに感染してもイボができないこともあります。
妊娠中には、イボが大きくなることがあります。
母親が感染していると、出産時に新生児に感染し、喉頭乳頭腫(こうとうにゅうとうしゅ)などを発症させることがあります。

病原体

ヒトパピローマウイルス(HPV)

潜伏期

数週間~3か月

検 査

特徴的なイボを確認することによって診断します。

治 療

外科的治療や薬物塗布を行います。
外科的治療法としては、切除、電気焼灼(しょうしゃく)、液体窒素(ちっそ)による凍結療法、CO2レーザー蒸散(じょうさん)などがあります。

感染経路

ウイルスはイボの中に多く、性行為のときに皮膚や粘膜の微小な傷から侵入します。

免 疫

尖圭コンジローマを発症してしまうと、完全にウイルスを排除することは難しく、再発を繰り返すことがあります。

東京都福祉保健局:性感染症ってどんな病気?

totop