膀胱炎

女性は男性に比べて尿道が短く、尿道口が腟口や肛門と並んで近くに位置しているため、膀胱内に大腸菌などの細菌が入りやすい構造になっています。
特に20~30歳代の女性の頻度が高くなっています。

症状

排尿時の痛み、頻尿、尿の濁り、残尿感、血尿、下腹部や膀胱部の不快感など。

病原体

大腸菌、ブドウ球菌など。

検 査

尿検査で白血球の数や細菌を調べます。

治 療

内服の抗菌薬を使用します。
膀胱内の細菌を洗い流すために尿量を増やすべく、水分を十分に摂取します。

感染経路

大腸菌などの細菌が尿道口から膀胱内に侵入して感染します。
性行為などによって細菌が増殖した場合や、排尿をがまんした場合も、発症しやすくなります。

・法研:六訂版 家庭医学大全科
・金原出版:産婦人科感染症マニュアル
などを参考にして作成

totop