性器ヘルペスウイルス感染症
(性器ヘルペス)

一度感染すると、ウイルスが体の中に棲み続けて、免疫力が低下したときなどに再発します。
陰部に激しい痛みを伴う赤い発疹ができたときは注意が必要です。

症状

症状がないことが多いですが、性器に小さい水ぶくれやただれができることがあります。
激しい痛みのため、排尿困難や歩行困難を生じることがあります。
治った後もウイルスは体の中に棲み続け、疲労や抵抗力が落ちたときなどに再発することがあります。
新生児の場合は母親から出産時に新生児へ感染(産道感染)し、脳炎や内臓感染を起こして重症化することがあります。

病原体

単純ヘルペスウイルス1型または2型です。
性器ヘルペス感染症は、主として2型によって起こり、口唇ヘルペスは主に1型によって起きます。

潜伏期

3~7日

検 査

水ぶくれの内溶液に含まれる感染細胞の検査や、血液検査、遺伝子検査で診断します。

治 療

抗ウイルス剤の内服や軟膏(なんこう)、抗炎症剤、鎮痛剤などで治療します。

感染経路

性器、口唇周囲、肛門などから感染します。
無症状でも性器の粘膜や分泌液などにウイルスが含まれている場合は感染します。
主に1型で起こる口唇ヘルペスのウイルスも、口腔性交(オーラルセックス)などで性器にも感染することがあります。
口唇にヘルペスの症状が出ているときは、口腔性交(オーラルセックス)などは避けましょう。

免 疫

一度感染すると体内にウイルスが残り、免疫力が低下したときなどに再発することがあります。

東京都福祉保健局:性感染症ってどんな病気?

totop