感染経路について

病原体が人の体に入るルート(感染経路)には、飛沫感染、空気感染、接触感染などがあり、病気により違います。
女性の感染症の感染経路は、ほとんどが接触感染です。

予防対策の一つとして、感染経路を断つことが重要です。

飛沫感染

感染している人が咳やくしゃみなどをしたときに、病原体を含むしぶきが飛び散り(飛沫)、近くにいる人が吸い込んで感染します。

空気感染

飛沫が乾燥して、病原体が空気中にただよい、エアコンなど空気の流れで空間全域に広がります。
それを吸い込んで感染します。

接触感染

病原体を含む便や吐物にふれる(直接接触)、あるいは病原体がついたドアノブ、便器、つり革などを触った手指で口・目・鼻などを触り(間接接触)、感染します。

女性の感染症の感染経路は、ほとんどが接触感染です
totop