こんな症状は、
女性の感染症のサインかも?

女性の感染症にかかると、女性のデリケートゾーンなどにサインがあらわれることがあります。
このような症状はありませんか?

注 意

気になる症状の原因が、感染症ではない可能性も十分あります。
自己判断せずに、医療機関を受診しましょう。

おりもの・不正出血・できものなど

症状 考えられる感染症
しこり、ただれ
(痛み・かゆみなし)
梅毒(ばいどく)
おりもの、不正出血 淋菌(りんきん)感染症
性器クラミジア感染症
不快感、かゆみ、痛み、
水疱(すいほう)、ただれ
性器ヘルペス
性器や肛門にカリフラワー状のいぼ・できもの、
通常、痛み・かゆみなし
尖圭(せんけい)
コンジローマ
おりもの増加・臭い、かゆみ 腟トリコモナス症
かゆみ、発疹、おりもの増加(白、ヨーグルト状、かたまり)、性交痛 性器カンジダ症
黄色い膿(うみ)を含んだようなおりもの、臭い、外陰部不快感、排尿困難、尿失禁、性交痛 萎縮性腟炎

腹痛

症状 考えられる感染症
下腹部が痛い(数日かけて徐々に痛い)、激しい下腹部痛、悪寒・震えを伴う発熱、吐き気 子宮頸管炎子宮内膜炎
卵管炎卵巣炎骨盤腹膜炎

尿の症状

症状 考えられる感染症
トイレが近い、排尿痛、尿が濁る、残尿感、血尿など 膀胱(ぼうこう)炎

乳房の症状

症状 考えられる感染症
乳房の赤み・腫れ・痛み、発熱、わきの下のリンパ節の腫れ・痛み、
乳輪のあたりから膿(うみ)が出る
乳腺炎

その他部位の症状

症状 考えられる感染症
口の中のただれ(痛み・かゆみなし)、手のひら・足の裏・全身に発疹、
リンパ節の腫れ、視力低下、心臓・血管の病気、神経麻痺、認知症
梅毒(ばいどく)
喉の違和感 淋菌(りんきん)感染症
口の中の水疱(すいほう)・ただれ、発熱、リンパ節の腫れ 性器ヘルペス

参考文献

・厚生労働省科学研究費補助金エイズ対策政策研究事業
「HIV検査体制の改善と効果的な受検勧奨のための研究」(研究代表者 今村顕史)
ウェブサイト:「HIV検査・相談マップ」(これって性感染症?

・法研:六訂版 家庭医学大全科

・一般社団法人広島県医師会:
Ⅱ.産婦人科疾患と腹痛.知っておきたい“腹痛(おなかが痛い)”のポイント
などを参考にして作成

心当たりはありませんか?

デリケートゾーンなどの気になる症状は、不衛生な生活習慣や人には相談しづらい行動、不規則な生活やストレスなどが関 係しているかもしれません。
最近、こんなことはありませんでしたか?

下着や生理用ナプキン、タンポンなどをこまめに
換えない

シャワーや入浴をあまりしない

逆に、ビデで腟内をよく洗っている

不特定多数や見知らぬ相手と性行為をした

パートナーが不特定多数と性行為をしているようだ

生活が不規則、
ストレスがあり、疲れやすい

トイレに行くのを長時間がまんした

更年期で生理が不規則、または、閉経した

自覚症状のない(少ない)感染症もあります!

女性の感染症のなかには、感染しても自覚症状がないことや、少ない感染症もあります。
たとえば、性器クラミジア感染症は女性は男性よりも自覚症状が少ないことが多いのですが、治療せずにいると不妊の原因
なったり、妊婦さんが感染すると流・早産を引き起こしたり、分娩時に赤ちゃんに感染して結膜炎や肺炎を起こすこともあり
ます。
膀胱炎など尿路の感染症や女性の生殖器の感染症も、症状を放置したり治療せずにがまんして過ごしてしまうと、次第に体
の奥深いところまで炎症が広がって重症化してしまうこともあります。
普段から自分の体の変化によく気をつけ、心配なことがあれば、医療機関で相談するとよいでしょう。

女性の感染症のなかには、感染しても自覚症状がないことや、少ない感染症もあります。
たとえば、性器クラミジア感染症は女性は男性よりも自覚
症状が少ないことが多いのですが、治療せずにいると不妊の
原因になったり、妊婦さんが感染すると流・早産を引き起こしたり、分娩時に赤ちゃんに感染して結膜炎や肺炎を起こすこともあります。

膀胱炎など尿路の感染症や女性の生殖器の感染症も、症状を放置したり治療せずにがまんして過ごしてしまうと、次第に体の奥深いところまで炎症が広がって重症化してしまうこともあります。

普段から自分の体の変化によく気をつけ、心配なことがあれば、医療機関で相談するとよいでしょう。

totop