性感染症

「性行為で感染する病気」を総称して、性感染症(STI)といいます。
細菌、ウイルス、寄生虫などが、性器、泌尿器、肛門、口腔などに接触することで感染します。
しかし、症状が軽かったり、なかったりすることもあり、気づかない間に進行していることがあります。
そのため、感染した人が気づかないままパートナーに感染させてしまうことがあります。
性感染症は、一度治療しても免疫ができず、何度も再感染を起こしてしまうものもあります。
パートナーも検査をして、お互いに感染し合うことのないように、しっかり治療することが大切です。

STI(STD)とは、Sexually Transmitted Infections(Diseases)の略です。

参考情報

・東京都福祉保健局「性感染症ってどんな病気?

totop