医療従事者の皆様へ
耳が聞こえない・聞こえにくい患者さんとのコミュニケーションでお困りのことはないですか?

患者さんとのやり取りが円滑になるように、コミュニケーションを取りやすくする方法をご紹介します。

聴覚障がいのある患者さんに伝えるにはどうしたらよいの? 具体的に知りたい


イメージ画像
聞こえない・聞こえにくい患者さんの医療現場での困りごと、医療従事者とのコミュニケーションの取り方について分かりやすくまとめた動画です。

イメージ画像
聴覚障がい患者の特性とコミュニケーション方法のポイントについて、動画とクイズで楽しく学べるe-learningです。服薬指導で役立つ患者への説明ツールも満載です。

イメージ画像
ヒアリングフレイルサポーター養成講座は、聴こえだけではなく難聴者を取り巻く共生社会の在り方や難聴の早期発見、予防の必要性を分かりやすく学ぶことができます。

イメージ画像
聴覚障がいのメカニズム、特性、コミュニケーション方法につい分かりやすく説明した冊子(3種類)

患者さんに伝えるための便利な機器やアプリを教えて欲しい


イメージ画像
脳が言葉を認識しやすい周波数特性の音を出力し会話をサポートする対話支援機器。

イメージ画像
音声を認識して文字に変換してくれるアプリ(UDトーク)。

障がいのある患者さんへの配慮は、法律で求められているって聞いたけど・・・


イメージ画像
障害者差別解消法で定められています。医療機関に対して厚生労働省からガイドラインが出されています。

患者さんと電話で話す時はどうするの?


イメージ画像
聞こえない・聞こえにくい人との電話をつなぐ公共インフラがあります。オペレータが間に入って手話または文字と音声を通訳し、電話で繋がるサービスです。健聴者はいつも通りにお話ください。オペレータには守秘義務が課されているので安心してご利用いただけます。

イメージ画像
通話相手の音声をリアルタイムで文字に変換するNTTドコモのサービスです。音声を”みえる”化し、通話をお手伝いします。
通話相手先が他の通信会社をご利用の場合でもお使いいただけます。

医療現場で使える簡単な手話を覚えたい


イメージ画像
シオノギ公式インスタグラムでは、医療現場でも使える簡単な手話動画もご覧いただけます。